【men’s】くせ毛の俗説1

どうも天神橋6丁目メンズ専門店メンズレオです^_^

噂話を書いてみました。

 

それではスタ〜ト〜

 

 

酒を飲み過ぎると、くせ毛になる!

 

お酒を飲むと、くせ毛になるという噂があります。これに関しては根拠も何もないのだろうと思われがちですが、実はあながち嘘ではないのです。 実際にお酒を飲むようになってから、くせ毛になってきたという人もいるようです。

 

その理由は、くせ毛の構造にあります。くせ毛となる原因として髪の毛にはケラチンという成分があります。そのケラチンが不足すると髪の成分のバランスが悪くなり歪んだ髪の毛が生えてくるようになり、それがくせ毛となるのです。

そのケラチンを生成するのに必要なのがナイアシンというビタミンB群です。お酒を飲みすぎることで、そのアルコール分を解毒するためにナイアシンが使われるため、髪の毛の生成にあまり使われなくなるのです。

また、お酒を大量に飲むことで血液の流れが悪くなり、髪の毛を作り出す毛母細胞に栄養分がいきわたらなくなり正常に髪の毛を作れなくなったりもします。また、皮脂も大量に分泌するようになり、毛穴が塞がってしまい髪の毛が変形してしまいます。これは、くせ毛だけでなく薄毛や抜け毛にもつながることです。薄毛になることで今まで直毛だった髪の毛がくせ毛となってしまうということもあるのです。

とはいっても、これは理論上の話であって、その可能性もあるという程度です。そのため、お酒を少々飲んだからといってすぐにくせ毛になってしまうというものではないです。ですが、お酒を飲みすぎるということは、くせ毛だけでなく身体にもよくはありませんので適量は守って飲むことが大切と言えます。